耐震施工

今までの耐震工法とはワケが違う!!
従来は、石ホゾや鉄筋を入れて耐震としていましたが、
直下型の大地震では全くと言って良いほど役に立ちませんでした。
耐震MAXは石塔本体を1本のステンレス棒で一体化させるという、今までの耐震工法とは違う新しい施工法です。

耐震マックスの詳細ページ

耐震実験で実証!新開発「ちからごむ」
厚さ2mmのリング状ゴムが、柔軟性を保ちつつ、
地震の揺れからお墓を守ります。その耐震性能は、
実験でも証明されています。
耐震実験で実証
マグニチュード7.3(兵庫県南部地震に相当)
マグニチュード6.8(新潟中越地震に相当)

ちからごむの詳細ページ

エアーダンパーの詳細ページ

エアーグリップの詳細ページ

エアーロックの詳細ページ

軟弱地盤における地盤改良工法「D-BOX」
D・BOX とは、セメント系固化剤を使用することなく、地盤補強と振動低減効果を同時に実現する事が出来る製品で、名古屋工業大学名誉教授松岡元(はじめ)先生の論証した「土粒子の区画拘束原理」を応用して開発した製品です。
■主な効果
・セメント他の固化剤を使用することなく、大きな強度を発生し地盤を補強します。
・振動そのものを減衰させる効果があり、交通振動や地震動を低減します。
・大きな強度を発生しながら透水性を持つため、圧密沈下の早期収束・液状化防止・凍上防止・土中環境の維持等の効果が得られます。
・局所圧密効果により、粘性地盤における地盤補強やプレロードを、効果的・効率的に施工できます。
・作業性に優れ、軟弱地盤の補強や振動低減を低価格で実現します。

D-BOXの詳細ページ