丸墓前灯篭

 

  おはようございます!先日の雪が溶けてホットしている(●^o^●)スタッフの矢澤です。これからまた寒くなりますが寒さ対策をしていきましょう(^O^)  丸墓前灯篭の紹介です。お墓に灯篭を建てる意味は灯篭によってお墓に眠るかたを供養するために使うものだということです。電灯が少なかった昔、灯篭はご供養のためでなくお墓参りにいらっしゃる一族が迷わないように目印の役割を果たしていたこともあったようです。現在では、このような意味合いは薄れていますがお墓の景観が良くなるためのデザインの面で好まれているようです。

 

 

 

コメントは受け付けていません。