納骨前の字彫りは早めにご相談ください




 ご家族の突然のご不幸、多くのご遺族さまにはそれまでの看護や介護の疲れも癒せぬ

まま、お通夜よりの一連の葬送のお勤めと、目まぐるしい日々が続きます。やっと故人

様をしみじみ偲ぶことができるまで、何日もの時間が必要となります。そして、ご家族

のお気持ちの一区切りとなるのが仏教の四十九日法要、神道での五十日祭でしょう。一

般的に四十九日・五十日祭に御骨をお墓にお納めします。墓石への戒名‣法名、神号の

字は納骨に間に合うようにお彫りします。田近石材本店では、お位牌・神璽の写真撮影、

お墓の拓本とりから文字をお作りし、施主様にご確認いただいてからの加工という万全

のプロセスで字彫りを承ります大切な故人様そのものをお墓に刻ませていただくとい

う姿勢でお彫りいたします。御納骨日一ヶ月まえまでにお申し付けください。

コメントは受け付けていません。