柔らかな感じの墓石です







 今日は終戦記念日、明日でお盆も終わります。今年は、みんなが経験したことのないお盆と

なってしまいました。来年は、いつもと変わらぬお盆を迎えられること、そして何より ”変わ

らぬ日常” を一日でも早く取り戻せることを祈るばかりです。

 今日の写真は、「スリン付き和型石塔」です。  一般的な和型石碑は、上から棹石・上台・

中台の三層構造ですが、この石塔は、棹石と上台の間に曲線を描く「スリン」を挟む四層構造

です。中山展示場では、インド製最高級黒みかげ石製のこの墓石のほかにも、サイズ・石種別

のスリン付き石塔をご覧いただけます。

お墓の線香皿は傷んでいませんか?




 今日は8月13日、いよいよ「お盆の迎え日」になりました。今朝は、早くからご先祖をお

迎えのための車列が中山霊園に向けて続いていました。

 よく、お墓参りに欠かせない「線香皿」を新しくしたいというお客様がお見えになります。

写真の手前は、ロウソク立てがついた”神徒さま”向けの「灯明皿」です。写真奥の”仏様用線

香皿”とともに中山展示場にてご用意しています。いづれも底網のついた、お手入れ簡単なス

テンレス製です。線香皿お取替えのお客様は、お墓参りの際に 田近石材本店 中山展示場に

お立ち寄りください。田近石材本店 中山展示場、は宮淵本店ともにお盆期間も通常通り営業

しています。

 

中山霊園のお墓参りにお立ち寄りください







中山展示場 花岡です。何度かお知らせしている、中山霊園入口の”鎌田池”に咲く睡蓮の花で

す。池一面に拡がる蓮の葉から、沢山の花が立ち上がって咲いています。

 お盆と繋がり深い蓮が咲く池の先にある中山霊園には、今朝はいつもより多くの自動車が上

がっていきます。明日からお盆です。お墓のお掃除をしてお盆を迎える方々でしょう。

 「蓮の池」向かいの 田近石材本店 中山展示場はお盆期間中も休まず営業しています。

㈲ 田近石材本店はお盆期間も通常通り営業いたします




 梅雨が明けたら途端に猛暑の毎日となりました。そして、いよいよ来週はお盆に入ります。

今年は”いつもと違うお盆休み”となりますが、毎年の「熱中症予防」にも抜かりなくお過ごし

ください。

 弊社のお盆期間の営業ですが、宮淵本店・中山展示場ともにお盆直前の8日から10日の3連

休を含め通常営業させていただきます。皆様のご来店をお待ち申し上げます。

中山展示場の隣です







中山展示場 花岡です。7月も最終週になっているのに、梅雨明けはまだまだのようです。こ

のままの天候では日照不足がさらに心配です。

 先日のブログでもご紹介した、中山展示場横の「蓮の池」の模様です。ところどころにピン

クの睡蓮が咲き始めています。最近は見学の方々が、池のほとりで写真撮影をされています。

高級「線香皿」を販売しています







中山展示場 花岡です。雨が続きますね。それにしても、今年の梅雨はいつ明けるんでしょう

か。ニュースによると、この日照不足で野菜の価格高騰が顕著だそうです。主婦の皆さんは毎

日の献立を考えるのに苦労されるでしょうが、加えて高温多湿のなかでの食中毒の予防にも充

分にご注意ください。

 今日は「高級版 線香皿」をご紹介します。現在のお墓は、以前の「線香立て」でのお墓参り

ではなく、「線香皿」にお線香をお供えするのが主流となっています。お線香を寝かせてお供

えすることで、風による炎の舞い上がりを防ぐことができるのです。一般的にはステンレス製

ですが、中山展示場では本体がみかげ石製の高級バージョンを販売しています。これなら墓石

の手前に置くだけで、格調高くお線香をお供えできます。

中山霊園が拡大・新規造成されます







 松本市によると、中山霊園で新たに37区画を造成する発表がありました。今回の新規造成

は中山霊園第7聖域の4㎡区画で、9月末までに工事を完了し、10月中旬に抽選会が開催

れる予定です。中山霊園についての詳しいお問い合わせは松本市役所 環境保全課までお問い

合わせください。田近石材本店は昭和43年の霊園開場以来、中山霊園において数多くの墓所

建立を承ってまいりました。中山霊園での建墓については、田近石材本店 宮淵本社・中山展

示場に何なりとご相談ください

   松本市役所 環境保全課  電話 0263-34-3043(直通)
      田近石材本店 宮淵本社  電話 0263-32-5545
          中山展示場    電話 0263-57-9557

中山展示場の隣に蓮の花の名所があります







中山展示場 花岡です。ここしばらく「梅雨の中休み」もない、雨続きの毎日です。当社の職

人も、天気を気にしながらも雨に濡れながらの工事に勤しんでいます。

 中山展示場の隣に、「鎌田池」という名の池があります。夏の水面一面に咲く睡蓮の花が有

名な”隠れスポット”です。今日の鎌田池は、写真のとおり無数の蓮の葉が茂り、2・3輪の花

が一足早く咲いています。花を見学がてら、田近石材本店 中山展示場にお立ち寄りください。

雨が続くと・・・







 中山展示場 花岡です。梅雨とはいえ、強い雨の毎日です。雨とともに風も強くて、夜中に

風音で目覚めることもしばしばです。雨が続くことでお墓に及ぶ影響の一つに「水あか汚れ」

があります。とくに表面を磨き上げた石塔に現れる汚れです。そんな汚れを消しゴムの要領で

簡単に落とすグッズがあります。石材専用の水あか取りですので、擦り傷の心配もなく、安心

してお墓磨きができるすぐれものです。中山展示場にて販売しています。

梅雨はまだ続きます。豪雨にご注意ください







中山展示場 花岡です。梅雨の雨が続いています。九州では甚大な被害をもたらしました。

長野県でも、上高地など被害に見舞われています。これ以上の災害にならないよう、祈るば

かりです。

 中山展示場に一株の紫陽花が植えてあります。昨年の花付きは良くなかったですが、去年

の秋に”花後剪定”をしたところ、今年は小ぶりながらもたくさんの花をつけてくれました。

 雨の日でも、中山展示場は営業しております。展示している数多くの墓石をご覧にお越し

ください。

雨で艶を増します







中山展示場 花岡です。数日来、雨の日が続いています。薄川や田川の

水位もだいぶ高くなっています。ジメジメしたなか、しばらくは晴天を

待ち望む日が続きますね。

 中山展示場の墓石も、雨に濡れて艶やかな姿を見せています。その中

でも、「輝晶石」の美しさが際立っています。「輝晶石」は中国産の白

みかげ石でも、班模様がハッキリした美しい石材です。また、見た目だ

けではなく、石の硬さや水を吸いにくさから、外柵や地上納骨堂におす

すめの石材です。

今日から7月です







 中山展示場 花岡です。早いもので、今日から7月。今年に入ってから、世界がまったく変

わってゆくことに戸惑いや不安が続いています。早く平穏な毎日が訪れてもらいたいものです。


 先日、新しいお墓が完成しました。写真でおわかりのように、石碑にユリの花が咲く、とて

もかわいい墓石です。インド産最高級黒みかげ石「クンナム」に、大理石で象嵌加工を施した

特別な石塔です。故人様の優しさが偲ばれます。

かわいいお地蔵さまです







中山展示場 花岡です。昨夜は激しい雨音で目が覚めました。豪雨の日曜日かな?と心配しな

がら二度寝に入りましたが、朝起床したら、雨足がだいぶ弱まっていて安心しました。

 子供のころ、毎週欠かさず観ていたアニメの「まんが日本むかし話」の中に、「笠地蔵」が

ありました。中山展示場にも笠地蔵さまがいらっしゃいます。交通安全のお守りに

お墓の将来もご相談ください







 今回のお客様は、寺院墓地にある墓所の「お墓じまい」を承りました。

ご実家近くの菩提寺におありの立派なお墓を、数年前にお造りになった現

在のお住まい近くの新たなお墓に合葬するため、墓所の更地化の工事をご

注文いただきました。

 近年の高齢化・少子化、家族形態の変化による「お墓じまい」を検討さ

れている方が多くいらっしゃいます。田近石材本店では「お墓じまい」を

含めた「我が家のお墓のこれから」のご相談も承ります

雨にも風にも負けず







中山展示場 花岡です。今年の梅雨は、いつもより「梅雨の中休み」が多いような気がします。

雨の日が4・5日続くと数日晴れる日が連続するような感じです。しかし油断すると、いつ突

然の豪雨になるかもしれません。

 本格的な雨の日にお墓参りはされませんが、墓参の途中で小雨が降ってくることはありがち

です。 ひと昔まえの墓石といえば、お線香の束を立ててお供えするものがほとんどでしたが、

いまは写真のような香炉+線香皿が主流です。雨でお線香の火が消えてしまうのを防ぐだけで

なく線香皿に寝かせてお供えするので、風で炎が舞い上がるのも防ぎます中山展示場では、

「墓石のお線香立てのみ交換したい」というお客様のため、既製の香炉を各種取り揃えてい

ます。

県内随一の人気ある霊園です







 早いもので、今日は夏至ですね。今日を境に少しずつ日の入りが早くなってきます。軒下の

燕も、巣立ちを急ぐように餌を啄ばんでいます。

 中山霊園のツツジも盛りを過ぎてしまいました。これからは、入口の池の水連が見事な花を

咲かせます。春は桜に始まりドウダンやツツジに替わって秋の紅葉と、中山霊園は山々の遠景

とともに景色に飽きを感じない墓地公園です。サイズや形状が規格化された墓石が整然と並ぶ

「統一された美しさ」は、管理事務所による整美作業によって維持されています。霊園の空き

状況も含めて田近石材本店 中山展示場に何なりとお問い合わせください。

中山霊園 神道墓の特別仕様です







中山展示場 花岡です。昨日も結構な雨でした。気温も肌寒く、昨夜は冬もののパジャマに替

えてベッドに入りました。今日からしばらく晴天も見られる天候が続くそうです。気温も高め

の予報ですので、身体がついていってくれるか心配です。

 今日の写真は、中山霊園での神道墓の玉垣です。一般的に、神徒さんの墓石の頂点は三角錐

の形状に加工されています。しかし、中山霊園では墓石について、サイズと形状の厳密な規格

があり、墓石に神道墓特有の加工を施すことはできません。そこで神徒さんのために、玉垣の

「小柱」を神道墓流に加飾することが可能です。霊園内には多くの神徒さんのお墓が見られま

す。中山展示場にも現物を常時展示しています。

中山展示場の新商品です







 中山展示場 花岡です。月曜日から連続の、30℃超えの「梅雨の中休み」は今日でおしまい

だそうです。今日は貴重な晴天ですね。

 中山展示場に新しい墓石がデビューしましたインド産黒みかげ石製の「レイソル」です。写

真は地上納骨堂の上に設置していますが、地下納骨式のお墓としても最適なサイズで、シンプル

なデザインと合わせてお薦めの石碑です。

納骨が無事に済みました。







 こんにちは 中山展示場の村田です。本日 納骨のお手伝いをさせていただきました。

あいにくの雨の中、ご親族の皆様の一生懸命に手を合わせるお姿に心が打たれました、故人様

をお見送りするというのはこういう事なのでしょう、これからも親から子へ、子から孫へと

お墓が受け継がれていくのでしょうね、ご冥福をお祈りいたします。